しばしお休み

 キーボードを叩きすぎて、腕の筋肉が悲鳴を上げてしまいました。
 資料の作成は大変です。
 というわけで、腕の状態が戻るまで、更新はおあずけです。
 学習は切り替わりの時期に来ていて、そのことも書こうかと思っていましたが、まあそれは後ほど。

思ったより大変

 アラビア語方言シリーズは最後のアルジェリア方言に移る。
 これはリンガフォンにかつてあったコースで、フランスの植民地だったアルジェリアのアラビア語方言が、どうしてイギリスの語学教材であるリンガフォンの中に入ったのかその理由はわからない。ともかくしっかりしたコースなので、すこし腰を据えて聴こう。元はレコードだった教材である。ずいぶん長いことお蔵入りだったがやっと陽の目を見る。
 ウクライナ語も聴き終わるので、こんどは再復習の現代ギリシャ語。主だった各国公用語は、時々簡単なものを聴き直さないと次に必要になった時のウォーミングアップが大変なので、ご無沙汰だなと思った時にこういう復習シリーズを挟むことにしている。
 旧仮名遣いの説明のための日本語動詞活用の整理はまだ続いている。思ったよりもはるかに大変である。それにしても「国文法」と称されるものには不可解な点が散見される。前回述べた「来る」(古語は「来(く)」)のみならず、「す(る)」、「ふ〔経〕」、「ぬ〔寝〕」、「う〔得〕」なども語幹無し、ということになっているようなのだ。「ぬ」と「ふ」などは活用表では「尋ぬ」とか「答ふ」などで代用されていて(少なくとも私の手元の辞書では)、「語幹無し」という事実がなるべく表に出ないように配慮しているような感じすら受けてしまう。もっとも国文法の本を渉猟したわけではないので、きちんと示しているものもあるだろうとは思うけれども。
 とにかく「語幹」の無い動詞が少なくとも5つある、というのは大変な事態である。素人としては「これでよいのか?」とつい考えてしまうのだが。
 というわけで、ちょっと自分なりに考えてみた結果、「単子音語幹」と「ゼロ語幹」というものを設定してはどうかという考えに至った。単子音語幹は「く」「す」「ふ」「ぬ」の4つで、それぞれ語幹はk-、s-、h-、n-である。ゼロ語幹は「う」1語のみ。これは言語学でその要素が欠落している時の記号φ-で示す。日本語の動詞の終止形はuで終わるので、「語幹がゼロ」ならばφ-+u→[u]しかあり得ない理屈である。活用形はφ-+u-→「う-」とφ-+e→「え-」の2種類の形を取る。「え(ず)、え(て)、う、うる(とき)、うれ(ども)、えよ」。単子音語幹もこれに準じて考える(活用形はそれぞれの型に従う)。
 その他は従来の活用表と同じにする。いたずらに全てをローマ字表記にはしない。これは実用性(日本人にとっての)のためである。理論のための理論では実用には供せないからである。
 こんな考えで、ああでもないこうでもないと整理しているので大変なのである。出来上がりはいつになるだろうか。校閲を教える助けになってくれれば有り難いけれども。

(追記)
 書き忘れたが、活用表にはその他にも「語幹無し」とされる動詞がある。「射る」「居る」「煮る」「干(ひ)る」など。しかしこれらは、「る」の前の部分を語幹とし、未然形・連用形の活用変化部分をゼロ(-φ-)とすれば「-φ-、-φ-、-る、-る、-れ、-よ」という活用で整理できる。現代語の活用も未然形・連用形の活用変化部分をゼロ(-φ-)とすれば、上一段・下一段の活用は簡略化できるのではないかと考えているのだが、詳しく検討していないので決定的なことは言えない。また活用表があまりに代わってしまうと、現行の辞書が使いづらくなってしまうので、それとの整合性を実際には考えなくてはならない。そこら辺の落しどころが難しいのである。文法は考えだすと面白いけれども、まとめるのは難しい。しかし聖典のように一字一句変えてはならないというものではないのだ。こういう風に考えるのは自由だし、むしろ言葉への認識を深めることになるのだと思う。

旧仮名遣いの説明に苦労

 校閲講座で旧仮名遣いを説明するため、文法的な観点からまとめようとしているのだが、始めると結構厄介だ。
 日本語の仮名はほとんど音節文字、といっていいものなので、変化形を記す場合に不都合が出る場合がある。「来る」などは「こない」「きた」「くる」と、語幹ではないかと思われる部分が「こ〜き〜く」と変わってしまうので、仮名では語幹が設定できない。ローマ字なら、ko〜ki〜kuなので語幹をk-と設定できるのだが、仮名ではそうはいかない。「する」もそうだし、上一段活用にもそういう動詞が多い。整理の仕方を考えなければいけない。一般的な説明とは少し違う説明をしなくてはならないかもしれない。
 文法というものは、法律とは違う。言語現象を説明できればいいわけで、一つの形に決められているわけではないのだ。不都合だと思えば、自分で書き換えてもよいのである。言語自体も精密機械のようなものではなく、理屈に合わない部分も相当あるわけだから、その不整合な部分も含めて了解しやすい形にまとめたものが良い文法なのだと思う。
 というわけで、ちょっと苦労している。旧仮名遣いのややこしい部分を説明するためのものをめざしているので、やっているうちに旧仮名遣いの曖昧な部分も分かってきたりする。かなり無理のある表記法だと個人的には思うが、実在する方法なので、校閲としてはわきまえておきたいものでもある。それにしても、誰にでも分かるようにきちんと語学的に纏めてくれたもの(「旧仮名遣いの書き方」的な本)が見当たらないのはどういうわけだろう。周辺の議論は沢山あるのに。

とにかく試す

 スペイン語の翻訳終了。今回はちょっと大変だった。詳細は控えるが、翻訳というものの難しさを十分味わった。
 しかし同時に翻訳の面白さも感じた。日本語に直すことで、文書の意味が明瞭になってくるということが快い。背景も調べることで、全く知らなかった状況なども見えてくる。体力的には大変なのだけれども、時にこういうものがあるのは悪くない、と思う。
 モンゴル語の単語帳をずっと電車で眺めている(マーキングしながら)。こんなやり方は受験の時の単語帳暗記みたいなもので、役には立たないというのが今の常識だろうと思うけれど、あえてやっている。本当にそうなのか確かめてみようというのもあるけれど、モンゴル語の学習教材があまりにも少なく、またモンゴル語の語彙が他言語との共通項があまりにも少ないということもあって、試しにやっているのである。これをやったあとで、ネット上の新聞記事などを読もうとした時に、どれくらい助けになるものか、一種の実験でもある。語学の学習法も流行りすたりがあって、本当に何が有効なのかは実際の所分からない。とにかく色々試してみるしかない。能書きばかり言っているわけにもいかない。とにかく馬鹿げているように見えてもやってみよう、というところである。
 学習はいつも手探りである。それが逆に面白いのだ。

今回は空振り

 イスラエルの野球代表がWBCの予選リーグで3連勝、驚きを以て迎えられているが、何でもイスラエルでは野球は不人気で、プロリーグも1年で潰れたということだ。何か今回の快進撃でイスラエルでの受け止め方に変わりがあるのだろうかと、ネットのイスラエル紙を見ると、野球の記事があったのでプリントアウトし、そのヘブライ語記事を読もうとした。
 現代ヘブライ語は辞書に載っている表記とは若干異なるクティーブ・マレーという表記法で記されることが多く、ただでさえ複雑な文法に加えて、このスペリングの規則を加味して読まなければいけない。もう読解というより解読に近い。ましてや今回は野球記事なので、選手名という固有名詞が多く、これは、別途選手名をリサーチしておかないと、一般語彙のつもりで必死で調べても人名だったと後で分かりガックリする。野球用語もヘブライ語でどう言うのかは辞書に出ておらず、見当をつける必要がある。
 途中まで読んでも試合展開の説明ばかりで埒が明かないので、飛ばして終わりの方のパラグラフに移ると、もうそこは他チームのゲームの結果の説明だった。これは配信されたニュースをなぞっているだけなのだろうと思うと急に読む気が失せた。どうやらイスラエル国民の関心を引くところまではまだ行っていないらしい。今後の展開次第では分からないが。
 というわけで今回は空振りに終わってしまい、ちょっと気落ちした。しかしネットで一つ良い辞書サイトを発見したので、これだけが今回の収穫であった。こんなこともままある。そうそう合理的に進まないのも多言語学習の常である。
プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード