ヒエログリフ教本の裏焼き

チェーホフを読み終わったので、他の文学作品を、と思ったが、
ふと、古代エジプト語の教本の読解部分を読んでみようと思い立つ。
専門的なものではないので、ちょっと経験してみる程度のものだ。
しかしいきなり、解説にある文字と、実物写真が左右逆であるのに気付く。
どうやら写真が裏焼きになっているらしい。しかも2ヶ所。
ちょっとがっかりする。
筆者は良心的に書いているので、これはむしろ編集者のチェックミスではなかろうか。
初心者向けの本で、それはないと思う。
私も出版社社員なので、そういうミスが出る経緯はいろいろ想像できるが、
基本的に不注意というか、確認の詰めが甘いと思う。
自分が文字が読めないのなら、せめて筆者に写真の最終確認をしてもらうべきだろう。
要するに「ちゃんと段取りを踏んでない」のだ。
古代エジプト語の教本の出版を、あせってすることもないと思うが。
もうちょっと丁寧に作って欲しい。
しかし、記述はまともなので、この純語学的道楽をしばし楽しむつもりだ。
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード