川島選手の誠実なイタリア語会話

NHK教育の「イタリア語会話」で、
先日のサッカー・ワールドカップで大活躍した川島永嗣選手が
なんとイタリア語会話でインタビューに応じていた。
それを聞いていたら、川島選手の誠実な人柄が感じられるものだったので、
ちょっと書いてみたい。
サッカーの選手は海外でプレーすることが当然の夢で、
いろいろな国の会話を必要に応じて学ぶことが多い。
それでも、日本人選手の外国語会話というのは、
聴いていれば、だいたいそのレベルは推測可能で、
大概はまず実践的だが初歩的、というレベルであり、
レポーターなどが、「すごいですねえ。」と騒ぐほどのことは少ない。
だが川島選手の会話は、あきらかに
「きちんとコミュニケーションを取るために、しっかり勉強しなくてはならない」
という意思のもとに勉強しているのがはっきり分かる、
とても好感の持てるものだった。
ハッタリで、「俺はこんなに話せるぜ!」などという自意識過剰なところは全く無い。
ちゃんと文法もやる。単語もフレーズも、コツコツと、きちんと覚える。
その上で、間違えたところや知らなかったことは、しっかり記憶する。
こういう誠実な努力の姿勢がなかったら、
あんな気持ち良い感じは受けないだろう。
これが本当のコミュニケーションだ。
川島選手を模範に、日本選手たちも海外で活躍してほしい。
スポンサーサイト

テーマ : イタリア語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード