本当に読みたいもの、読んで欲しいもの

 岩波文庫の『太平記』第二巻を読み終える。後醍醐天皇を戴く新田義貞らが、足利尊氏を一時追い詰めるところまで。第三巻には楠正成・正行父子のエピソードなどがあって楽しみである。
外国語ばかりやっているから、時々日本の古典も読むようにしている。さすがに母語だから読むのは早いが、最近、もし外国人が日本語を学んで読んでいるとしたら、今読んでいる作品は、その外国人が苦労して読むだけの価値があるものだろうか、と考えたりする。
例えば『平家物語』の有名なエピソード(美少年の武将・平敦盛を心ならずも殺さねばならなかった熊谷直実の話や、平忠度が討たれた後その箙〔えびら〕の中に潜ませた「行き暮れて木〔こ〕の下蔭を宿とせば花や今宵の主〔あるじ〕ならまし」の歌が見つかる話など)は日本語を学んだ外国人には是非日本語で読んでもらいたいと思うが、『平家物語』全体の歴史的推移を読まなければ意味は無い、とは私は考えない。前後のシチュエーションを最低限説明して、突出した名場面だけ原文で味わってもらう。それでも分かるものは充分分かってもらえるのではないか。最高の文学的表現は、決して重厚長大複雑なものではなく、簡明・明解で分かりやすいものだと私は思っているので、本当に核となるような精選したものをアンソロジーとして編んであげればよいのだと思う。
そう考えてみると、多言語読書の作品選びも、万巻の書を読みつくすというイメージよりも、本当に読むべき価値のある作品(およびその部分)を嗅ぎ分け、そういうものをじっくり味わうように何度も読む、という方が望ましいのかもしれない。そのための文学案内(血の通った)ものが必要だ。客観的・学術的な文学概論だけでは抜けてしまうもの。それこそが知りたいのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード