絶滅鳥の古い記録を翻訳

 小笠原諸島には有名な絶滅鳥が4種類いて、これらを全て採集したのがF. H. von Kittlitzというドイツの鳥類学者だった。私は子供のころから絶滅鳥にロマンを感じていたので、この人がこれらの鳥について何と述べていたのかを知りたいものだとずっと思っていた。
 実は私はこの4種類のうち、3種類の標本をこの目で見たことがあるのだ。かつてまだロシアがソヴィエト連邦であった頃、池袋の西武百貨店で、レニングラード博物館所蔵の鳥の標本を公開する催し物があった。私は欣喜雀躍して見に出かけた。ガラスケースに収まったオガサワラマシコとオガサワラガビチョウの標本を目にした時の興奮ときたら! あまりに真剣に見ているので、ロシア人のガードマンに睨まれた。もう一つ、ハシブトゴイ(小笠原の亜種は絶滅)の標本もあった。もう一つの絶滅種、オガサワラカラスバトは残念ながら無かった。
 いまだに目の裏に焼き付いている強烈な経験だったが、なんとインターネットでそのキトリッツの図版付きの『Kupfertafeln zur Naturgeschichte der Vögel』(『鳥類の博物学のための銅版画図版集』)という本(1832年刊)のpdf版を見つけたのだ。これはもう、該当箇所を訳してみるしかない。図版と照らし合わせて目的の3種類に関する記述を見つけた(オガサワラガビチョウは載っていないようだ)。下に原文と共に示す。図鑑の説明より少し詳しい程度であるが、それでももう今や誰も書くことのできない絶滅種の報告である。


◎オガサワラカラスバト

Taf. V. Fig. 1. Columba janthina Temm. (pl. col.503)
von Japan. Ich sah sie häufig auf der Inselgruppe von
Boninsima, hier lebt sie mit Fig. 2. (C. versicolor mihi) die
als Art sichtbar verschieden obgleich ihr äusserst ähnlich
ist, dabei aber weit seltener vorkommt. In allen Geschlechts-
und Altersverschiedenheiten ist der Unterschied
beider in Farbe und Grösse bemerkbar, in Nahrung und
Lebensart sind sie übrigens sehr verwandt. Sie halten sich
einzeln und paarweiss, und fressen unter andern gern die
Fruchte der dortigen Fächerpalme.

図版5 第1図 Columba janthina(カラスバト) Temm. (pl. col.503)日本産。無人島(ぼにんしま=小笠原諸島)の群島にてしばしば目にした。この地において、本種は第2図のColumba versicolor 〔mihi〕(オガサワラカラスバト)と共に生息している。後者は前者とは種として明らかに異なり、外見上前者に似てはいるが、姿を見せることは遥かに稀である。性別・年齢による全ての変化において、両者の色および大きさにおける差異は感じ取ることが出来る。その他の点、採餌や生態においては両者は似通っている。単独また番いで過ごし、とりわけ当地の扇状葉ヤシの果実を好んで食する。


◎オガサワラマシコ

Fig. 2. Fringilla Papa mihi (altes Männchen) zuerst beschrieben
und abgebildet in den Memoiren der Kais. Russ. Academie
der Wissenschaften zu Petersburg 1830.∗)
Ich fand diese ausgezeichnete Species auf der Inselgruppe
von Boninsima, sie scheint nicht in Japan vorzukommen
und muss ihre Verbreitung sehr gering seyn.
Die Länge beträgt etwas über 8 Zoll. Das Weibchen
ist nicht merlich kleiner, aber im Gefieder dadurch verschieden,
dass ihm sowohl als dem jüngern Männchen das
Roth gänzlich fehlt, es stehen dafür zwei schmutzig gelbe
Flecken an der Stirn und die graubraune Hauptfarbe ist
mehr gelblich überlaufen.
Auf Boninsima bewohnt dieser Vogel einzeln und paarweis
die Waldstrecken zunächst dem Meeresufer, er ist auch
hier nicht häufig, hält sich gern versteckt, ist aber dabei
phlegmatischer Natur und wenig scheu. Gewöhnlich sieht
man ihn laufend am Boden, nur selten höher auf den Bäumen.
Seine Lockstimme ist ein einziger leiser, äusserst feiner
und hoher pfeifender Ton, den er bald länger bald kür-
sser, bald einzeln, bald öfter wiederholt angiebt. In dem stark
muskulösen Magen und der geräumigen Speiseröhre fand
ich fast nur kleine Früchte und Baumknospen

∗) Diese Abbildung hat aber einen wesentlichen Fehler, den ich
erst zu spät gewahr worden bin, ――der Schwanz ist nämlich
dort grade angegeben, indess er eigentlich etwas ausgeschnitten
ist, wie die gegenwärtige Figur zeigt.



(図版32の)第2図 Fringilla Papa [mihi]オガサワラマシコ(雄の老鳥)、当初はペテルブルグのロシア皇帝科学アカデミー(1830年∗)の備忘録中に記述・図示されたもの。
 私はこの見事な種類を、ボニン島(無人(ぼ にん)島(しま))の群島で見つけた。この鳥は日本には存在せず、分布はきわめて限られているようである。
 体長はおよそ8ツォル(1ツォル=2.54cm。従って約20cm)に達する。雌は(雄に比べて)著しく小さくはないが、羽毛に違いがあり、雄の幼鳥と同様に、赤みが全く欠落している。その代り、額にくすんだ斑点があり、暗褐色の基調色がより黄色がかって混じり合っている。
 ボニン島でこの鳥は単独あるいは番いで海岸近くの樹林地帯に棲息しているが、ここでも頻繁に目にするわけではなく人目につかない。しかし性質は鈍重であり、あまり臆病ではない。
通常この鳥は地上を歩く姿を目にする。樹上に上ることは滅多にない。呼びかけの囀りはまたとない、静かな、極度にか細く、高い、笛を鳴らすような声で、その声を時に長く、時に短く、ある時は一度だけ、ある時は繰り返し聞かせる。がっしりと筋肉質の胃と容量のある食道の中に私が目にしたものは、小さな果実と木の芽のみであった。

∗この図にはしかし、一つ本質的な誤りがある。そのことに私は気づいたが遅すぎた。というのは、尾がまさにそこに示されているが、実際のところそれは当該の図が示しているように若干切り取られているのである。〔注:これは本書中の銅版画について述べたもの。〕


◎ハシブトゴイ

Fig. 2. Ardea caledonica Forster, Ardea Sparrmannii
Wagler. Ziemlich häufig auf Boninsima, wo dieser ächte
Nachtreiher den Tag über sich gern verborgen hält, in
den Lavahöhlen des Ufers und dem benachbarten dichten
Gebüsche, in welchem letzteren er zuweilen mit den
Füssen hängen bleibt, und so leicht gegriffen werden
kann. Wahrscheinlich rührt von ihm das verworrene
Geschrei her, welches wir dort fast zu allen Zeiten der
Nacht in der Luft hörten, doch giebt er zuweilen auch am
Tage einige rauhe, dem Krächzen der Raben nicht unähnliche
Locktöne von sich.
Die Abbildung stellt ein völlig ausgebildetes Männchen
dar, es scheint, dass dies das vollkommene Gefieder sey.
Ich schoss zwar einmal ein Exemplar von einer sehr schönen
ganz ungefleckten dunkeln Isabellfarbe, mit schiefergrauem
Scheitel und aus drei langen Federn bestehendem
Federbusche, welches ganz der A. calendonica glich, wie
sie im Museum zu Paris steht, — dies war aber ein
Weibchen. Ein andres Weibchen war dagegen noch merklich
stärker gefleckt als die übrigen männlichen Exemplare,
mit sehr kurzem Federbusche.


(図版35の)第2図 Ardea caledonica, Forster, Ardea Sparrmannii, Wagler(ハシブトゴイ)。ボニン島(小笠原諸島)ではかなり頻繁に見かける。この第八のゴイザギは一日中好んで岸辺の溶岩洞窟やその近くの茂みに隠れている。茂みの中では時として両足でつかまったままでおり、いとも容易に捕獲できる。おそらく夜通し戸外で我々が耳にしていた雑然たる鳴き声は本種のものであろう。それというのも、本種は時に昼間のうちも、カラスのガアガアいう声に似ていなくもないしわがれた、呼びかけの鳴き声をあげるからである。
 図は、十分に成熟した雄を示しており、これが完全な羽毛だと思われる。私は一度、大変美しい、全く斑点の無い、黒ずんだ麦わら色をして、灰青色の頭頂部と、三つの長い羽毛から成る羽冠を持った一個体を撃ったことがある。それはパリの博物館にあるハシブトゴイ(の標本)とそっくりだった――ただこれは雌であった。もう一体の雌は、それに引き換え、残りの雄の個体より著しくはっきりと斑点を有するもので、羽冠は大変短かった。



このサイトのURLは、
https://ia800304.us.archive.org/16/items/kupl
 である。

 この他にも、絶滅種(動物でもよい)の古い記録が手に入ったら訳してみたい。ドードーを目撃した船員の記録などはまとまっていないのだろうか。オーロックス(ヨーロッパに棲息した野生の巨牛)の記録なども。他にもいろいろある。考えただけでワクワクしてくるではないか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード