しぶとく柔らかく

 秋口からまた耳の具合が悪くなったので(おそらく毎年の風邪かアレルギーによる炎症)、ちょっとリスニング練習を控えなければいけない状態になってきた。
 そんなに大事(おおごと)な感じではない。しかし苦痛を覚えながらやっても仕方がないので、聴いていたテキストを「黙読して暗唱する」みたいなやり方をしてみようかと思う。考えてみたら、ある程度聴いたら聴覚印象は残っているので、覚えるにはこのやり方でもいいのである。今後はこういうやり方もうまく組み合わせて、体に負担の少ない方法を考えるのも重要だなと思い到った。
 意外と怪我の功名で、トラブルがあった時にいいアイディアが浮かぶものである。こういう「新しい手」を考えだすのも独学の喜びの一つではあるのだ。「理想的な学習環境で、理想的な教材と学習法で学習する」ことが勉強だ、と思いこんでいたら、おそらく永久に勉強などできないのである。これが出来ないならあの手はどうだ、それでもだめならこの手はどうだ、という一種の「しぶとさ」が必要なのだろう。
 これからも、柔らかく学習していきたいものである。そのうち状態も戻ってくるだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

実は私も同じ悩みをかかえています。私の場合は耳管がつまっていることが原因のようで、飛行機の搭乗など気圧の変化があると治ったりするのです。
今は音を聞くと耳鳴りのように反響が聞こえます。音楽を聴くのもうまくいきません。和音のはずなのに不協和音に聞こえたり、チャイムの音がとんでもなく調子はずれのように聞こえます。
老いの病とは上手につきあうしかありませんね。

No title

私も耳管の詰まりがあります。鼓膜が引っ込むので聞こえが悪くなるのですが、風邪などを引くとその上に炎症に伴う膿などが加わるので余計ひどくなります。鼓膜の切開などもしたりしましたが、麻酔薬がすこしでも内耳の方に行ったりするとすごい目眩になるので、今年は控えています。本当に、病との付き合い方を学ぶのは必要ですね。
プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード