まだまだだなあ。

結局シュメール語は地道に接辞をまとめることにした。
先行きは分からないが、あせらずにやろう。やっても物にならなかったケースも実は結構あるので、後は「神様の言う通り」である。
『今すぐ話せるロシア語単語集』の聴き直しをやっていて、よくもまあこの位の小冊子の内容がいつまでも頭に染み込みきらないものだな、と変な感心をする。人の頭というものは、思うほど物を覚えてくれない。もっと繰り返して、嫌になるほど聴き込んで初めて耳の底に残り、無意識の時にも頭の中で響くようになり、そうして初めて身に付くものなのだろう。まだまだ自分程度の頑張りでは足りないのだ、と思う。
イタリア語も最近また新しい単語やフレーズを丁寧に書きとり覚えるようにしていて、それでも似たような感じを抱いているので、「語学に王道なし」という使い古されたフレーズの真実味を身に染みて感じるのである。
いくつかの言語についてはやはりそれくらいの努力をして、もう少し使えるようになりたいが、全ての言語というわけには行かないから、その線引きというか見切りが必要だろう。
この年になっても、やるべきことが多いなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード