イタリア語作文

会話学校スクール再開の第一歩として、イタリア語作文をしてみました。
先生に若干訂正をしてもらって(前置詞や小詞の用法、類義語の選択などで数か所)、完成です。
下に全文を載せます(ついでにその日本語訳も)。

Ho finito di leggere il libro il cui titolo è “Gli interpreti negli ultimi anni dell’Epoca Edo e nella Riforma Meiji”(『〈通訳〉たちの幕末維新』).
La maggior parte degli interpreti nell’Epoca Edo abitavano a Nagasaki, il centro del commercio con l’estero, dove si poteva commerciare solo con l’Olanda e con la Cina (il Portogallo era stato escluso nel 1639).
In conseguenza, gli interpreti parlavano olandese e cinese. Questa situazione continuava fino a metà dell’ottocento, intorno a cui cominciavano ad apparire le navi dell’ America, Inghilterra, Francia e Russia nel mare costiero del Giappone, a chiedere le relazioni commerciali fra il Giappone e loro.
In questo modo è nata la necessità urgente di conoscenza di altre lingue, cioè, di inglese, francese e russo.
Nonostante ciò, nell’interno del Giappone non esisteva nessuno che potesse parlare queste lingue. Benché ci fosse stato qualche caso in cui si potesse imparare da un parlante nativo che era entrato nel Giappone clandestinamente ed era arrestato, il numero degli interpreti di queste lingue era ancora piccolissimo. A qualche negoziato per la conclusione di contratti erano presenti più di uno di nterpreti di lingue differenti, per esempio, di olandese e cinese.
Nel corso del tempo, sono comparsi gli altri interpreti che avevano imparato le lingue straniere alle scuole fondate nuovamente, per esempio, a Yokohama, Hakodate eccetera. E c’erano più occasioni di visitare l’estero al seguito di una delegazione statale, che ha sviluppato l’abilità linguistica degli interpreti giapponesi.
Alcuni interpreti di Nagasaki hanno esercitato i ruoli importanti in varii campi più tardi, ma i destini degli altri non sono ancora conosciute.

 Nell’anno 2020, quali ruoli magnifici svolgeranno gli interpreti di oggigiorno?


『〈通訳〉たちの幕末維新』というタイトルの本を読み終えました。
江戸時代の通詞の大部分は、外国貿易の中心地長崎に居住していました。長崎ではオランダと中国との貿易のみが許されておりました(ポルトガルは1639年に排斥されました)。
従って、通詞たちはオランダ語や中国語を話していました。この状況は1800年代の中ごろまで続き、その頃になると日本近海にはアメリカやイギリス、フランス、ロシアなどの船が日本との通商を求めて姿を見せるようになりました。
 このようにして、他言語の知識、つまり英語、フランス語、ロシア語の知識が必要になって来たのです。
 とはいうものの、日本国内にはこれらの言語を話す人はいなかった。時に日本に不法入国しようとして捕まったネイティブの話者から学ぶ機会もあったとはいうものの、これらの言語の通訳者の数は微々たるものでした。条約締結交渉では、2人以上の通訳、例えばオランダ語と中国語の通訳が同席することもありました。
 時が経つにつれ、例えば横浜や函館などに新たに設立された学校で外国語を学んだ別の通訳たちが輩出してきました。国家の使節に随行して海外を訪れる機会も増え、通訳たちの言語能力も発達することになりました。
 長崎の通詞たちのうち何人かは、後年さまざまな分野で重要な役割を果たすことになりましたが、他の通詞たちの辿った運命は知られていません。

 2020年には、現代の通訳たちがどんなすばらしい活躍をするのでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード