少し前進

『まずはこれだけ アイスランド語』の調べが終わる。
これは早かった。やはり若いころからリンガフォンを聴いておいたのが役に立っているのか。
もっとも難しい言語なので、役に立つかどうかは怪しいけれども。
まあアイスランドに行くことはないだろうから、同じことだ。
会話学校は、3月からの再開となった。イタリア語の上級クラスが成立したのである。
こんどは渋谷なので、気分も一新である。
モンゴル語の対訳本も、もう少しで終わる。
アシミル・シリーズの4言語は、それぞれ3分の2を過ぎたくらい。あともうひと踏ん張りである。
果てしないと思っていたものが、徐々に進捗して、先が見えてくると嬉しい。
何だか最近は勉強の成果より、勉強が進んで行くという実感のためにやっているような気がする。
昨日より半歩でも進んでいる、というような。
歳をとったら、これはこれでいいのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード