ホメロスを「写経」する

ホメロス「イーリアス」第1歌を、ようやく終える。
Μηνιν αειδε, θεα, Πηληιαδεω Αχιληος
(ペレウスの子アキレウスの怒りの歌を、女神よ歌え。)
に始まり、
Ενθα καθευδ’ αναβας, παρα δε χρυσοθρονος Ηρη.
(〔ゼウスは〕そこで眠りにつき、
その傍らに黄金の座のヘーレーが臥した。)
までの原文で611行、24ページ(Loeb Classical Libraryで)の、
さして長いともいえない分量だが、
とにかく時間がかかる。
読解ではなく、解読である。翻訳も参照しての。
あまりに難しいので、「写経」のように
読みつつメモ用紙に筆記しながらやる。
1日に2~数行くらいしか読まない(読めない)から
せめて慣れようとしてそうしている。
いつまでこのスタイルで行くか、まだ分らない。
こういう難物は、こんなふうに日課的に
ちょっとずつ進めるしか手がない。
気長にやるしかないだろう。
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード