たまたま年度替りに

『ニューエクスプレス・ラトヴィア語』の調べも完了。樺太アイヌ語のみで中断していた『日本語の隣人たちⅡ』のアリュート語に移る。これはカムチャツカ半島北部の言語だという。
長らく調べていたリンガフォンの『Cours d’Arabe Algérien』(アラビア語アルジェリア方言コース)も、もうすぐ調べが完了だ。これは同時並行でグロッサリーを作りながらの作業だったので苦労した。もともとの音源はレコード盤という古い教材だが、代わりになるものが無く、リンガフォンには愛着があるので、よかったという思いである。聴くのはいつになるか。この後はアラビア語の東地中海方言(シリア・パレスティナ方言)、サウジ方言を順次やっていく予定。
ここのところバタバタという感じで学習が入れ替わっている。ちょうど年度替りだけれども、それとは関係ない。偶然の一致である。しかし何か胸の痞(つか)えが下りる気がするのも事実。新しいことを始めるのにはやはり良い季節なのだろう。
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード