スペイン語レッスン 2

今週もスペイン語レッスン。
 気分的には少し慣れた。ヴィデオの聴き取りは先週より良くなったが、聴き取らなければと意識すると急に分らなくなる。余計なことを考えると集中力が削がれるのだろうか。イタリア語の試験の時も同じような事があったから、共通した問題かもしれない。
 つまりは場数の踏み方が足りない、ということだし、少々集中力が落ちても分るほどの余裕が無いということでもあるのだろう。これは年季を積むしか解決法はないな、と思う。その外国語が年中響いていて、いちいち身構えなくても耳の中でそれを転がしている(?)状態。外国語を身につけるにはその国に住むのが一番だ、と言われるのはそのあたりの事を言っているのだろう。
 しかし実際にそう自由に外国に住むわけにも行かないので、結局は週1回でも、長年会話の経験を積んで、読書などで補強しつつ、リラックスした会話を楽しむところまで到達することを目指すのが良いのだろう。イタリア語は最近、話をするのが楽しくなってきたから、わずかながらも進歩しているのだと思いたい。
 するとやはり、本当に力を入れる「メイン言語」は一つに絞るのが良いのだろう。英語は一種の常識になって来ているので或る程度やるのは勿論として、その他にもう一つメイン言語、その他はほどほどのレベルを目指すというのが、多言語学習の現実的目標と言えるのかもしれない。人間は神様ではない。全てを手にすることが不可能なら、「セカンド・ベスト」、「サード・ベスト」を目指すしかないではないか。
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード