スペイン語レッスン

 スペイン語のレッスンに行ってきた。
 直接の会話は割合うまくできたように思うけれども、ビデオ映像を見てその内容についての質疑応答をしたときは、さすがに日頃の慣れが足りないために聴き取りに苦労した。
先生も「ちょっと難しいでしょう。速すぎますね。」と慰めてくれたけれども、慰められているようでは仕方がないので、ナチュラルスピードの聴き取りを少し練習したいと思い、さっそく『耳が喜ぶスペイン語』(三修社)というCD付の本を買って、聴いてみた。
最初の部分はスペイン語検定3級くらいのレベルだそうである。これくらいなら聴いてよく分る。レッスンのときのスペイン語はこれよりはるかに難しかった。2級程度だろうか、もしかするともっと難しいのかもしれない。
あと3回しか参加しないレッスンなのだけれども、いい刺激である。しかしちょっと緊張するし、その分疲れる。たまにこういうことがある、くらいでちょうど良いのかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード