今後のための準備

昨日、丸善でAssimilのハンガリー語コースを買った。
CD4枚付きのもの。
最近このコースを少しずつ買いためている。
なぜかというと、定年もそう先の話ではなくなり、
そろそろ通勤を前提の学習法も
考え直さなくてはならなくなったからだ。
通勤の細切れ時間を使う方法を
今までは考えてきたのだが、
これからは、家やその他の場所で
じっくりやることも出来るかもしれない。
そう思うと、小ぶりで手軽な教材は
いささか寂しい。
あの、昔リンガフォンやその手の教材で学んだ時のような
その国(もしくは言語)の世界観まで感じられるような
やっていて楽しい教材がいい。
しかし今はパソコンで勉強するようなものは出ているが、
昔ながらの、文化を感じながら読めるようなものが少ない。
Assimilはフランスの教材だが、
そのあたりが、昔ながらの手触りがあって好もしい。
1セット1万6000円(税抜き)とすこし値も張るが、
このシリーズを今から少しずつ買っておこうと決心した。
比較的マイナーな言語は
読書しようと思ってもなかなか作品にめぐりあうチャンスも少ないし、
こういうもので時々自分を刺激しておきたい。
フランス語が分れば、これは「買い」の教材だ。
今に、無くなってしまうかもしれないし。
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード