グルジア語その他

グルジア語の調べを始めた。
白水社の『ニューエクスプレス グルジア語』である。
グルジア語は文法書は勉強したが、会話は教材がなくて、初めてである。
文法の煩雑な言語なので、どうしても例文が説明用の例文であることが多く、
自然な例文はうれしい。今のところ文法を復習しながらの調べ。
文字はグルジア文字だが、文法の段階でなるべく手書きで練習していたので覚えていた。
やはり手と口は動かした方が良い。
シボ語はまだ音声記述をまとめているところ。
何でもシボ語のCD付き教材が中国で出版されているらしい。
欲しいとは思うが、もう売り切れかもしれない。
何でもかんでも欲しがるのは、考え直した方がいいかなあ。
もうすぐ定年だし、お金の使い方はもう少し考えないと。
さてCDレコーダーによる教材のCD化は着々と進んでいて、
これが最近の気分の軽さの原因かもしれない。
死にかかった教材が生き返るのは嬉しい。
日本の名短編のイタリア語への翻訳も、少し再トライしてみたい。
何だかひどく忙しくなってきた。
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード