中国語の良い教材

新しい教材はもうあまり買わないようなことを言っていたが、
中国語の教材で良いものをみつけたので、つい買ってしまった。
『瞬訳中国語』(初級編・初中級編・中級編)というシリーズで、
もうご存知の方も多いかもしれない。
これは、中国語をフレーズの集積、という観点から練習させるもので、
区切りの良い語数で、使用頻度の高そうなフレーズを集め、
日本語→中国語の録音で聴かせ、覚えさせるものである。
今、電車の中でこれを聴いている。
孤立語を学習するには、この方法は大変よさそうである。
何度も言っていることだが、文法指標の少ない孤立語(中国語、タイ語、ベトナム語等)では、
語順・語の組み合わせが重要な役割を果たす。
これらをたくさん覚えることによってのみ、高い習熟レベルへの道が開ける、
と以前から感じていたのだ。
フレーズを覚えることによって、文法的解釈も自然に身に付くし、
要素の入れ替えによって応用も利く。
なにより、感覚的にフレーズの切り出しが行えるようになると思うのである。
他の孤立語でもこのような教材が出ればよい、と思う。
特に中国南部からインドシナ半島の孤立語群には有効な気がする。
一般に文法指標が多く、音の融合などが少ない言語、
たとえばヨーロッパの印欧語族や、日本語等の膠着語には、
文法形式を練習させるパターン・プラクティスを初期に行い、
しかる後にフレーズ学習(どんな言語でも慣用表現の学習はいずれ必要になる)へ移るのが良いと思うが、
孤立語や、音の融合が多い言語、そしてもしかすると抱合語などは、むしろフレーズ学習をした後に
文法的解析を学んだ方が有効ではないか。
そんなことを考えた。
『瞬訳~』は、ゆっくり勉強させてもらうつもりである。
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

私は、外国語はロシア語の影響を強く受けているのでベトナム語ははかどりません。ところで、その本格的辞典がでるようです。

川本 邦衛【編】
大修館書店 (2011/08/30 出版)
2005p / 21cm / A5判
現代ベトナム人の日常語から、新聞・雑誌の記事、政治・経済、文学作品、宗教・民俗、医療、科学分野の用語までをカバーした初の本格的ベトナム語=日本語辞典。
見出し語55,500。
用例52,000。
値段は29400円、おそらく買ってしまうでしょう(笑)。

ありがとうございます。

> 私は、外国語はロシア語の影響を強く受けているのでベトナム語ははかどりません。ところで、その本格的辞典がでるようです。
>
> 川本 邦衛【編】
> 大修館書店 (2011/08/30 出版)
> 2005p / 21cm / A5判
> 現代ベトナム人の日常語から、新聞・雑誌の記事、政治・経済、文学作品、宗教・民俗、医療、科学分野の用語までをカバーした初の本格的ベトナム語=日本語辞典。
> 見出し語55,500。
> 用例52,000。
> 値段は29400円、おそらく買ってしまうでしょう(笑)。


>貴重な情報、ありがとうございます。
しかし3万円弱ですか。うーん。かなり決意の要る価格ではありますね。
書店で仔細を見てから、ですかね。
プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード