ABリピート機能という便利なもの

「モンゴル語会話練習帳」(大学書林)のあと、
「ハンガリー語会話練習帳」(大学書林)を続けて電車で聴いている。
この「会話練習帳」シリーズは昔からあるもので、
学生時代からお世話になった。
本がコンパクトなのと、構成がほぼ共通しているので、
資料としても有用である。
それに、この歳から新しい教材ばかりやっても徒労感があるので、
もう一度基礎固めするには、以前聴いたこのシリーズをやるのが最適なのだ。
テープからSDカードに移したものを、ICレコーダーで聴く。
ICレコーダーには「ABリピート」という機能があって、
好きな区間を指定して繰り返し聴ける。
これが大変便利である。
昔聴いた音は、忘れているものも多いが、響きを覚えているフレーズもたくさんあって、
これらを、この機能によって再度耳タコ状態で聴くのは、
ダメ押しの勉強をしている感じで、気持ちが良い。
語学の基礎的部分というものは、そんなに急に変わるものではないので、
新しい教材に飛びついて無駄な労力を使うのは馬鹿げている。
それ以上のことは、必要に応じてやればよい。
いまさらビジネス用語など覚えても役には立たないし、
時事用語も、興味のあるものを読んでいれば当座の役には立つぐらいは覚えるだろう。
それにしても、録音方式が目まぐるしく変わるので、
今持っている録音も、いつまでもつのだか分らない。
もうその時はその時だ、と思うことにした。
頭の中に音を多少なりとも焼き付けておけば、
それに従って発音してみればよいだけのことだ。
いつまでも機械や音声資料に振り回されても仕方が無い。
学生の頃の、あのろくに教材も無かった頃に戻るつもりでいればよい。
神様ではないのだから、全てをやるわけにも行かないのだし。
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード