語学と体力

以前から頚椎症の気があって、医者に通っているのだけれど、
ここのところ少し症状が強くなったので、診察してもらった。
右肩が重く、筋肉がこわばる。たまに痺れる感じもある。
「年齢だからしかたがないですねえ。」という感じで、
薬と湿布をもらう。いつものように首の牽引もやる。
もう第六頚椎の所が穴が狭くなっていて、時に神経を圧迫するのだそうである。
「手術を考えるほどではないですよ。」と言われたものの、
どうも電車の中で窮屈な体勢で本を読んだりするのはきつい。
長年こんなことをしてきたせいもあろうかと思う。
持ち物を軽くするために少し内容を入れ替える。
語学も体力が物を言うな、と最近思っている。
そのうち勤めも終わり、家で本を読むようになればすこし楽になるかもしれない。
しかしその頃に、どれくらい気力・体力が続いているのか、と少し弱気にもなる。
まあ、人のためにやっているわけでもないのだから、
もう少し気楽に考えようと思うけれども。
若い人は、できるうちに頑張っておいた方がいいかと思う。
後からやろう、と思っていると思わぬ障害があったりするものである。
今回は、ちょっとグチだった。
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

筋肉バランスの崩れ

はじめまして。多言語学習で検索していて、たどりつきました。わたしは外国語に関心が人一倍ありながら、仕事はまったく関係のない整体師をしている者です。おせっかいを顧みず、コメントする気になりました。

井上様はおそらく首・肩だけではなく、長年の長時間にわたるデスクワークの結果、全身の筋肉が硬直し、バランスが崩れているものと思われます。その症状で医者にかかってもダメですよ。慢性疾患ですから、むしろ医者の不得意な領域です。「年齢だからしかたがないですねえ」というのは、医者には手に負えないことを宣言しているのと同じです。薬・湿布など一時しのぎにしかなりませんし、首の牽引はかえって悪化したりします。

腕のいい整体・カイロプラクティックに通うことをお勧めします。どこでもいいわけではないので、誰か通っている人(女性に多い)を探して、口こみの評判を聞いてから行かれたらいいと思います。体(特に首から背中)の筋肉を柔軟に保っておくことで、かなり高齢になっても、勉強は続けられると思います。まったく余計なおせっかいだとお叱りを受けるかもしれませんが、少数言語の資料を買うより、整体・カイロの費用を払うほうが、今は急務だと思います。

No title

アドバイス、ありがたく承りました。
現在は肩はすっかり良くなって通常の状態ですが、
またぶり返すようなことがあれば、アドバイスを参考にして
何か方法を考えようと思います。
どうもご親切にありがとうございました。
プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード