ヒエログリフに一区切り。

細々と続けていたヒエログリフ(古代エジプト語象形文字)の練習をひとまず終了。
結局のところ、ヒエログリフはエジプト研究の専門家が
一生かけて取り組むべきもの、という感想を持った。
ずっと「解読」(「読解」でなく)を続けていく忍耐と情熱を持つ者だけが、
この複雑な文字体系の言語に近づけるのだろう。
ただ、文字というものの仕組みを考える上では大いに参考になった。
音と概念と文字の結合の仕方には、他の言語では経験できないバリエーションがあり、
言語学を目指す人は一度やっておいて損はないだろう。
さて、ヒエログリフの後には、ロシア語で書かれたケット語の文法書、
『Очерк фонологии и грамматики кетского языка』(ケット語音韻文法大要)という本をやることにしたが、いささか専門的でむずかしいかもしれない。
そもそもロシア語で書かれた文法書をやるのは久しぶりである。
文法用語をまた勉強しなおさないと。
昔買い溜めした文法書を今こんなふう読むことにする。
ああ、やっとあれは無駄遣いではなくなったのだ、と妙な感慨を持つ。
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして
いつも拝見しております。
ところで、ロシア語の文法書ですが、タイトルはやはり「Очерк фонологим и грамматики кетском языка」でしょうか?格の不一致が、とても気になります。

Re: Re: No title

> あきら様
>
> はじめまして。
> ご指摘の通り、タイプミスです。
> 正しくはОчерк фонологии и грамматики кетского языкаです。
> 急いで打ったための単純ミスでした。
> 本文もご指摘のように訂正させていただきます。ありがとうございました。
> 瞬間的にミスに気付くほどの力がまだ無い、ってことですね。反省いたします。
> この本の序文から読んでいるのですが、しばらくロシア語の文法書から離れていたのでちょっと苦労しています。
> ロシア語をなさっているんでしょうか?言語のどういう面にご興味をお持ちなのか、何かの折にお聞きできればうれしく存じます。
> 重ねてありがとうございました。ご健勝をお祈りいたします。
>
> 井上拝
>
> > はじめまして
> > いつも拝見しております。
> > ところで、ロシア語の文法書ですが、タイトルはやはり「Очерк фонологим и грамматики кетском языка」でしょうか?格の不一致が、とても気になります。

No title

ロシア語を学ぶと、形態の違いは意味や機能の違いを表すことがあると分かるようになります。
Он работает профессором.

でも、こういった見方に慣れてしまうと、ベトナム語はとても分かりづらいです。
Ông ấy làm giáo sư. 

また、せめて、
Ôngấy làm giáosư. 

と表記してもらいたいものです。

No title

確かに。
ヴェトナム語や中国語、タイ語などのように一般に孤立語と呼ばれている言語は、「文法的変化がないから覚えるのに楽だ」などと言われますが、それは大いなる錯覚だろうと思います。
接辞や語形変化が担っている機能の多くを、語順や語のグループ化によって表わしますから、それらをたくさん覚えないと、自由に読み書き話す、ということはできないと思います。
もっとも、「話す」時には音声だけが頼りなわけで、音声には語間も何もなく、相対的な間(ま)の違いはあるでしょうが、べったりと1本の線のように続く音を切り分けて理解するわけですから、何語であっても難しさにそんなに違いはないのかもしれませんが。
プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード