高山病やら校閲講座やら

 夏休みに立山・黒部へ旅行をしたらなんと高山病にかかってしまい、嘔吐したりして大変だった。ちょっと体調も崩してしまい、ブログの更新も滞ってしまった。帰ったすぐ後に会社の校閲講座もあって余裕がなかったのである。
 講座も満1周年で、7月からまた新しいクールに入った。この講座の最後に、「世界の歌を味わおう」というコーナーを設けて、自分でチョイスした世界の歌を聴いてもらっている。原歌詞とその翻訳を見て聴いてもらう。もちろんきちんと必要な申請はしている。というわけで、そのための翻訳(これ自体はとても面白い)をしていると、多言語学習をしてきてよかったなと思う。歌一つだけ取っても、言葉の意味が分かるのと分からないのとでは大違いである。そしてたとえゆっくりとであっても、その歌詞を直接了解できた時の味わいというものは、機械翻訳やAIでは肩代わりの利かないものである。その喜びを少しでも味わってもらえれば、言葉というものに対する認識を深める一助となってくれないか、という期待がある。校閲は日本語の枝葉末節的な断片的知識の集積だけで出来るものではない。言語というものにたいする自分なりの洞察が無いと、適切な疑問提出も出来ないのではないかと思う。
 あとどれくらい続けることになるか自分でも分からないが、テキストにイラスト等を入れて分かりやすく楽しいものにするなど、自分で出来る最大限の努力はしているつもりである。人前で話すなど決して得意なことではないが、縁あって任されたことなので暫くは頑張ってみようと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード