ペースダウンを

 天候の変化が急だったので、風邪を引いてしまったようだ。
 体調が今一つだと、語学もはかどらない。語学にはけっこう体力が必要なのだ。ペースダウンが必要である。
 これからはこういう体力の問題も考えなくてはいけないのだな、と改めて思う。
 バスク語会話の調べがもう少しで終わりそうなのになかなか進まない。ヴェトナム語会話も同じである。中国の少数民族言語の学習がしばらく途絶えていて気になっているけれども、なかなか手が付かない。挙げればきりがないが、こういうことにもそろそろどこかで見切りをつける、とまでは言わないが、ペースダウンという妥協をみつけなければいけない。
 そうだ、「マクベス」の講読も途中だった。作品の読解はあまり間を置くわけに行かない。「白鯨」もキンドルで全体の76%まで来ているが、一体何年かかるのかというスローモーさである。
 区切りをつけたいものがたくさんある。本当は今頃悠々自適(?)に読書をしている筈だったんだがなあ。
 計算どおりには行かないものだ。
スポンサーサイト
プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード