現状あれこれ

『フィンランド語トレーニングブック』(白水社)調べ完了。これはいずれ繰り返し読まなければいけない。フィンランド語を読めるようになるためには、この本の学習は必須だろうと思う。
 チェロキー語もとりあえず終えた。先にも書いたように、これは文字練習帳なのだけれども、CDが付いている。これもいずれ聴いてみようと思う。
 中国の少数民族の言語の学習が滞っているので気になっているが、もう少しすればそれを入れる余裕も出て来るだろう。何事も一気に、とは行かない。学習が回転すると、つい無理やり予定を詰め込み過ぎるきらいがあるので、ここは自分の年齢も考えて、あまり無理せずやって行くつもりである。
 校閲講座の準備も順調に進んでいる。もっとも1クール済ませた後なので、基本は固まっている。微調整だからそんなにあせらない。ちょっと絵を入れ替える。記述を少し変更して、新しい問題を作る(これが一番大変)。人前で話すことにも少しは慣れたけれど、やはり得意とは言えない。講演をし慣れた人は緊張などしないのだろうか。それとも毎回緊張し、それでも土壇場の度胸みたいなものが据わってくるのだろうか。おそらく後者なのではないだろうか。楽々できるようになるとは思わないほうがいいのだろう。努力はしなくてはならない、ということでしょうね。
 原書テキストを読む時間が少なくなっているのが、現在の悩みどころである。
スポンサーサイト
プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード