最後の大人買い

 スペイン語の翻訳のために、スペイン本国で出ているスペイン語辞典(1万6000円)を買った。その他にも、最近三省堂から出ているインドの4言語の辞典も買ったし、このところ、退職前に駆け込み的に辞書類を買っている。退職したらそうそう高い本は買えないので、最後の「大人買い」である。もう一つ、フランスのassimilの会話シリーズも、買い残しているものを買うかどうか思案中である。今日はポーランド語を注文してしまった。ヨーロッパ系は揃えようかなと思っている。線引きが難しい。
 それにしても、語学は何だかんだと出費が多い。一方、報酬のある翻訳依頼など滅多にないから「道楽」だと言われても仕方が無い。これからは学習(インプット)よりアウトプット(読書や翻訳〔多くは趣味的に〕)を多くしようと思っている。ある程度は生活のために仕事(校閲)もして、語学をやって、もちろんマンガ・イラストも続けるつもり。忙しいが、客観的には目立たない生活を送ることになるだろう。まあいいところではないでしょうかね。
スポンサーサイト
プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード