まだ難しい(ヨルバ語)

ヨルバ語を聴き始めたが、結構難しい。
調べていた時はそれなりに理解していたつもりでも、いざ或る程度の速さで発音されたものを、言葉として理解するとなると、なかなか馴染めないのだ。
ヨルバ語の文字はアルファベットだが、補助記号が多すぎて、ちょっとここに示せない。
ただ、1〜2音節の単語が多く、語と語の組合せで一塊りの概念を表している、ちょっと孤立語系の特徴に似たものも感じる。また、構文が、英語で言うit〜thatの強調構文的なものが普通に使う構文となっているように見える。
まだ聴き始めたばかりなので、全体像の把握はこれからだ。文法をとりあえず纏めただけでは見えてこないものもある。聴いていて、「言葉だな」と感じられるまではちょっと時間が必要かもしれない。でも実用に供するわけではないので、気長にやろうと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード