アヴェスター語休止、しかし学習は続く。

 アヴェスター語のテキスト読解があまりにも難しいので、しばし延期する。テキスト中の語をグロッサリーで調べても、そのままの形では出ていないことが多く、どの語彙か推測しなくてはならない。恐らく文法学習時に基本的文章をたくさん読み込み、変化形から基本形を類推する訓練を積まないと、生のテキストには歯が立たない。古代語の論理は現代語からは想像できないことも多く、そちらからも攻めづらい。あまりにも効率的でないので、ちょっとここは見送ることにする。
 多言語世界に触れようと思って長年努力してきたし、それなりに果実も味わってきた。しかし最近、やはり人間のできることには限度があるな、という実感を持つことも事実である。そしてそれを受け入れる心の変化も自分の中に感じている。所詮は人間、出来ることも出来ないこともあるさ。出来たことに感謝すればよいではないか、と。自分の限界を受容して、縁のあった世界を味わい、それに感謝する。それが自分の与えられたものなのだ。
 とはいうものの、ラトヴィア語会話の調べ、ルクセンブルク語の文法、ダルマチア語の短文学習、ディーノ・ブッツァーティの短編読解等々、新たに始めたこともある。忙しくてこのブログも更新が滞っているけれども、多言語遊びは相変わらず続いている。全く「よくやるよ。」と自分でも思う。
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード