「舟を編む」を見る

三浦しをん原作の映画「舟を編む」を見てきた。
私のしている仕事(校閲)に近い辞書編集の話なので、大変面白く拝見した。
細々とした感想を述べても仕方ないので、一つだけ気になったことを。
主人公の若き辞書編集者、馬締光也(まじめ・みつや)は「大学で言語学を学んだ変人」という設定になっている。
少しショックを受けた。言語学をやっている人間は世間一般から見て「変人」のイメージがあるのだろうか。
私などは、フランス文学や英米文学を専攻している人に変わった人が多くて、それに辟易した常識人が「普通の人の使う言葉」に惹かれて言語学を志す、という流れを自然に感じていたので、ちょっと「それはないよな。」と思ってしまったのだが、もしかすると、普通の人の使う言葉はコミュニケーションの「道具」に過ぎないのだから、その道具自体を研究するなど変わり者だ、ということになっているのかもしれない。
私などは、普通の人の使う言葉がしっかり基礎として存在している上に、「文学」や「文化」が花開くのだと信じているのだけれども、華々しい成果を見せることもない「普通の言葉」に興味を持つのはやはり少数派、ということかもしれない。
昨今言語学が衰退しているように見えるのは、こういう「成果第一主義」みたいなものが影響しているのかもしれない。これは人文科学一般に言えるのかもしれないが。
スポンサーサイト

テーマ : 映像・アニメーション
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード