作り忘れた文法ノート

 モンゴル語の記事を引き続き読む。当初より手強い感じだが、だんだん辞書の引き方のコツが掴めてきた。モンゴル語は膠着語だから辞書など容易に引けるだろうと普通は思うが、やってみるとそうは行かない。接辞による派生語が多く、それが辞書項目のどの語形のところで説明されているかが始めは分からなかったりする。また母音脱落や音の前後の交替(メタテーシス)もあるので、それを間違えると意味が取れなくなる。
大学書林のモンゴル語辞典(私は改定前の物を持っている)はなかなか良い辞書だけれども、やはり出ていない語彙もある。他に頼りになる辞典も無いので、あとは推測して見当をつける。少数言語(モンゴル語についてそう言うのはどうだろうとは思うが)の学習なんて、そんなものである。英語やフランス語、中国語などとはわけが違う。自分で辞書に補足していくくらいの気持ちでいないと、すぐに行き詰まる。私も、接辞表に新しい項目を書きこんだり、辞書にあらたな語義や新語を書き入れたりと、結構頭をひねりつつやるのである。昔の蘭学や、幕末に英語を勉強した人たちと変わらないのだ。自分ではこういう状態を「蘭学事始め状態」と呼んでいる。その状態にさえ達しない言語が実は殆どなのである。「何カ国語分かるんですか?」と気軽に訊いてくる人に、これは分かってもらえないだろうなあ。もっともフィールドワークで未知の言語を研究する言語学者に比べたら、ずっと楽なのだけれども。
私は文法を勉強する時は必ずノートを作る。ある一定の共通基準に則って作るようにしている(なかなか難しい事も多いが)。これを「文法ノート」とよんで、後々必要に応じてリファレンスする。大変重宝しているが、初めからこうやって勉強していたわけではなく、やっているうちに考えだしたものである。だからそれ以前に勉強した言語にそのノートは存在しなかった(教科書にメモしたりしていた)。後になって、遡ってノートづくりをしたのである。
ところがまだ作り忘れている言語があった。古典ギリシャ語である。先日、古典ギリシャ語のちょっとした文章を訳す必要が出てきて気付いたのである。今までは簡単なメモと、田中美知太郎『ギリシャ語入門』を参照して済ませて来た。だがやはりちょっと手間が掛かる。やはり自分用の文法ノートを作った方が良い。これから作ろうと思う。時間の節約のためにも、あった方が良い。古典ギリシャ語には時代や方言によってバリエーションが多いのだが、基本となるアッティカ方言を幹として固めて、あとは必要に応じて補足していけばよいだろう。なんで今までやらなかったのだろう。今からでも遅くはない、善は急げ、だ。
スポンサーサイト

無駄ではなかった?

 モンゴル語を少しはどうにかしようとして単語を覚えようとしたり、唯一の読み物であるチョイジャムツィン・オイドヴの『道』を繰り返し読んだりしたが、はかばかしい効果もないような気がしていた。困ったものだと思っていたが、新聞記事をプリントアウトして、辞書と首っ引きで読み始めたら、以前と比べて意外と分かる感じがした。
意外だった。語彙がはかばかしく増えたという実感はないから、言葉の繋がり方や呼吸というようなものが感じ取れてきているのかもしれない。どんな学習でもまるっきり無駄だということはないのかもしれない。もう少し読んでみないと分からないけれども、そう難しくない記事や、ウィキペディア等の解説も何とか読めるかもしれない。だとしたら嬉しい。
モンゴルという国は近いのに「見えない」国である。相撲や経済でちょっと話題になるくらい。あとは旅行物だとか。実感しにくい国である。それはやはり文字による日常的な情報が少ないということも一因かと思う。ほんの少しでも、それに付け足せたら楽しいような気がする。  私にとって「読む」ことは外国語学習の大きな目的である。文字はずっとそこに留まってくれるから、たどたどしい力でもそこから汲み取れるものがある。
とかく外国語学習ではその言葉をペラペラ喋ることをイメージしがちだが、実際日常会話に不便を覚えないレベル、というのは相当高いハードルである。日常会話ほど難しいものはない。あらゆる分野の話題とそれに必要な語彙と慣用表現、相手の感情を思いやった言い回し、当意即妙の返事、誤解を招かない表現。それらを瞬時に使いこなすなどという芸当は、1言語だけでも相当困難である。本当に「話せる」外国語は一生に1言語、才人でも2〜3言語(いや、これでも既に天才かもしれない。私などには想像できない)ではなかろうか。
だから凡人の私は、「読める」言語を増やすことに努めるのが分相応というものである。その端っこにモンゴル語が引っ掛かってくる可能性が出て来たなら喜ばしい。とはいうものの、まだ分からない。今はちょっと喜ぶだけにしておこう。糠喜びかもしれないが。

『英語という選択』

『英語という選択』(嶋田珠巳・岩波書店)読了。
アイルランドの言語事情を、実際のフィールドワークにも基づいて考察している。
本来の母語ゲール語を英語によって侵食され、それでもアイルランド英語という独特の英語に母語の特徴を反映させているアイルランド人たちの言語意識や、言語の交替について思索を巡らしている。
最後の部分で、昨今の日本の小学校における英語教育について述べている部分が、「日本語が無くなるはずはない」という楽観的な観測に基づいているということに気付かせてくれて、ハッとするものがある。
早期の英語教育がもたらすものについて、もっと真剣に考えなければいけないだろう。また、中学校以降の英語教育における発音教育の未熟さなども、もっと論じられなければならない。早期教育なんて有害かもしれない。あとから正しい方法で身に付けさせること、そして母語以外の習得を「自然に楽に」身に付けたいなどという虫のいい考えはまちがっているのだ、という認めたくない真実をはっきりと示すこと。一般の人に実際に必要とされる英語はどのようなもので、それに無駄なく近づくにはどうしたらいいのか、という基本的なことを私たちはもっと考えなくてはならないのだ。

聴き直しの効用

 現代ギリシャ語の聴き直しが終わったので、次はカタルーニャ語の聴き直し。
 エクスプレスシリーズなどの短い教材を聴き直すのは、言語の知識や感覚を維持するのには良い方法のような気がする。Assimilなどのボリュームがある教材は、そう気楽に聴き直せない。その言語にはちょっとご無沙汰だな、という時に短い会話教材があると助かる。
 音読が楽なくらいに発音の感覚が残っていると、ほとんど単語を忘れてしまっている場合でも一つハードルが低くなる気がする(感覚が残っている、ということは本当に基礎的な文法機能を担った語やその振る舞い方は覚えている、ということだからだろう)。多言語学習で大切なことである。
 私は自分の記憶力に全く自信はないのである。だから聴覚印象をなるべく保って、後は必要に応じて覚え直す、という段取りでやっている。これがベスト、と言う気はないが、自分には合っている方法である。

とにかく試す

 スペイン語の翻訳終了。今回はちょっと大変だった。詳細は控えるが、翻訳というものの難しさを十分味わった。
 しかし同時に翻訳の面白さも感じた。日本語に直すことで、文書の意味が明瞭になってくるということが快い。背景も調べることで、全く知らなかった状況なども見えてくる。体力的には大変なのだけれども、時にこういうものがあるのは悪くない、と思う。
 モンゴル語の単語帳をずっと電車で眺めている(マーキングしながら)。こんなやり方は受験の時の単語帳暗記みたいなもので、役には立たないというのが今の常識だろうと思うけれど、あえてやっている。本当にそうなのか確かめてみようというのもあるけれど、モンゴル語の学習教材があまりにも少なく、またモンゴル語の語彙が他言語との共通項があまりにも少ないということもあって、試しにやっているのである。これをやったあとで、ネット上の新聞記事などを読もうとした時に、どれくらい助けになるものか、一種の実験でもある。語学の学習法も流行りすたりがあって、本当に何が有効なのかは実際の所分からない。とにかく色々試してみるしかない。能書きばかり言っているわけにもいかない。とにかく馬鹿げているように見えてもやってみよう、というところである。
 学習はいつも手探りである。それが逆に面白いのだ。
プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード