トルコ語とクルド語のこと

 トルコ大使館前で殴り合いの大騒動があって、ニュースで大きく取り上げていた。
 トルコ人とクルド人の間のいざこざだと言う。
 テレビでもクルド人の解説をしていたが、国土をもたない民族だというばかりの説明で、いま一つ実感のある解説ではなかった。
 言語については何の説明もなかった。トルコ人の話すトルコ語と、クルド人の話すクルド語が、根本的に全く異なる言語だという説明くらいあってもよいのでは。
 クルド語はインド・ヨーロッパ語族中のペルシャ語派に属しているが、イランのペルシャ語とは少し離れた感じがする。クルド語文法を以前まとめた時、「ペルシャ語によく似ているな」とはあまり思わなかった(アフガニスタンのダリー語やタジキスタンのタジク語などと比べて)。確かに大枠では同一グループなのだろうな、という感じだった。それ以上のクルド語の勉強はしていないので詳しいことは言えない。文法ノートからランダムに文例を拾ってみよう。

daftar-ēk-im haya. (「私の一冊のノートがある。」=「私は一冊のノートを持っている。」)
’ama cī-ya?(「これは何ですか?」→これはペルシャ語の口語の in chi-e? に似ている。)
’agar ’awān bi-řōn man-īš da-řō-m.(「もし彼らが行くなら、私も行きます。」)

’agar(もしも)はペルシャ語と同じ。bi-řōn(彼らが行く)はペルシャ語の標準語ならbe-ravand(口語だとbe-rouanか? これは確認しきれない。ご教示いただけたら幸いである)。
bi-は接続法現在を示す接辞だが、ペルシャ語だとbe-である。よく似ている。man(私)も共通だが、-īš(〜も)はペルシャ語なら普通は-hamだろうか。
 確かに細かく見比べるとかなり似ているような気もしてきた。しかし初めて見た時にあまりそうは感じなかったのは、やはりペルシャ語からは微妙に離れた言語だということかもしれない。話して通じるのだろうか。アフガニスタンのパシュトー語よりはペルシャ語に近いとは思うが。私の勉強不足でこれ以上のことは言えない。

 一方トルコ語はチュルク諸語の一つだから、組み立てはむしろ日本語に近い(Ben İstanbuldan Tokyoya gidiyorum.「私は〔ben〕イスタンブール(İstanbul)から(-dan)東京〔Tokyo〕へ〔-ya〕行きます〔gidiyorum〕。」)。 そしてチュルク諸語はその広いエリア内で、中国西部に至るまでかなり相互に似通っているグループである。クルド語とは組み立ても語彙も全然違う。
 本来別の国家公用語であっても不思議はないこの2つが、歴史的経緯もあって国内に同居せざるを得ないというのは、紛争の唯一とは言えなくとも、やはり大きな要因の一つではあるだろう。
 とはいうものの、異なる言語の民族が対立して暴力に訴える、という構図は有史以来もうさんざん繰り返されてきたものである。人類はいまだにこの問題に答えを見つけられないでいる。政治・宗教・経済も難問山積だが、言語もそれに劣らず難物であり続けているのだ。
スポンサーサイト

シュメール語のこと

 古代メソポタミアの言語、シュメール語の簡単な文法書を手に入れた。この言語は系統不明、とされているので、前から興味を持っていた。
もっともこの本はすべてアルファベットでシュメール語を表記しており、楔形文字を学んで原テキストを読もう、といった趣旨で書かれたものではない。しかし今からメソポタミア研究をしようなどという気はないので、純粋に言語的興味である。それにはこの方が適切かと思う。楔形文字表記を扱った本も見てみたいとは思うが、おそらくざっと眺めるだけで終わりになるだろう。
すぐには取り掛かれないが、実用性を目的とすることはあり得ない学習である。気楽に言語のアウトラインだけを掴めばよい。ある意味、自分が多言語学習を始めた動機に近いものである。

人称活用の消滅について

 中国の少数言語サラール語の文法をまとめていて、気づいたことがある。
 この言語には、動詞の人称活用が存在しない。どの人称でも同じ形である。主語が「私」でも「あなた」でも「彼(女)」でも、またそれぞれの複数形が主語でも、動詞の形は同一である。時制などによる変化は存在する。
しかしこの言語はチュルク語派である。一般にチュルク語派は人称活用を持っている。ところがサラール語と西武ユグル(裕固)語、つまり中央アジアのチュルク語派分布の東端にある2つの言語が人称活用を失っているのである。
これはどういう理由によるのだろう。
同じような現象が他の語族にも散見される。例えばドラヴィダ語族のマラヤーラム語。ドラヴィダ語族が人称活用を一般に有する(日本語の源流だという説があるタミル語にさえも)のに対し、マラヤーラム語はそれが一つの形になり、人称の別を失っている。
もっと身近な例は、英語だろう。わずかに3人称単数の現在時制に-(e)sが付き、単数と複数の区別があるくらいで、人称活用はすり減りかかっている。北欧のゲルマン語派(スウェーデン語・ノルウェー語・デンマーク語)でも人称活用は古形を除いて消滅しかかっている。
しかしこれらの散発的現象に関連があるとは思えないから、似たような現象を起こす原因が何かあるのだろう。人称活用を持つ場合と、それが消えた補償として人称代名詞の提示が原則的義務化した場合との、効率性というか、負荷の大きさの大小によるものだろうか。
人称が単複合わせて6つあると仮定しよう(この場合、双数は除外して考える)。単純に現在・過去・未来の3時制があるとすると、人称活用があれば6×3=18の動詞変化を覚える必要がある。人称活用が無ければ同士は3つの形、それに組み合わせる人称代名詞は6つ、組み合わせ18で同じだが、語形としては9つ覚えていればよいわけだからより楽、ということになる。人称活用がある場合でも人称代名詞を示すことはあるので、それを加えれば24の語形を駆使しなければならない体系はやはり不利ということになるのだろうか。
もちろんこんな単純な比較だけでは結論できないだろう(人称変化を保持し続けている言語はたくさんあるわけだから)。しかし、変化する必要が出てきたとき、こういう要素は何かの作用を及ぼす、ということも考えられるのではないだろうか。

チェロキー語

『Introduction to Cherokee』という本を、Amazonで買った。チェロキー語というのは北米大陸の先住民の一つ、チェロキー族の言語である。私は北米大陸の先住民の言語をまだきちんと学習したことが無いので、何から手を付けようかと迷っていたのだが、たまたまこの教材にCDが付いていたので、手始めに求めてみたのである。
昔ポール・リヴィア&ザ・レイダーズというアメリカのバンドが「嘆きのインディアン」という曲をヒットさせたことがある。その中で歌われていたのがチェロキー族の悲劇だった(「インディアン」というのは現在ではあまり用いないほうが良い表現なのだけれど、これは過去の事実〔邦題〕を述べているだけなので御容赦いただきたい)。そんな事情で親しみを感じたのも事実である。
チェロキー語は現在でも比較的話者が多いらしい。とはいってもわずか60数ページのテキスト&グロッサリーとCD1枚では、さしたることは分からないかもしれない。それでも何も知らずに終わるよりはましだろう。一歩踏み出さなければ何も始まらない。

次のつまみ食い(?)

ロマンシュ語とダウール語の文法纏めが、以外に早く終わったので、次にやるものを決めた。
『タジク語文法便覧』(井土慎二著 東北大学出版会)と、『白語簡志』(中国・民族出版社)である。タジク語はペルシャ語と近い言語で、以前民族出版社の『塔吉克語簡志』でやった塔吉克(タジク)語とは別物である。後者はサリコル語、ワヒ語(ウフ語)という別の言語を指すらしい。ややこしい話である。
アフガニスタンのダリー語もペルシャ語の近縁だから、それと似た感じだろう。確かめたい。
白語は、民族出版社の中国少数民族言語のシリーズから、適当に選んだ。あまりに多いので、選ぶのが面倒だったせいもあるが、こういうときに引っかかってくるのは「縁のある言語」だろう。ぼちぼちやる。
システムノートが足りなくなった。買い足さねば。

テーマ : 言語学・言語論
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

井上孝夫

Author:井上孝夫
多言語の学習・研究、多言語読書を長年続けています。著書に新潮新書『世界中の言語を楽しく学ぶ』『その日本語、ヨロシイですか?』あり。マンガ・イラストの別ブログ「スケッチ貯金箱」もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード